fc2ブログ

白か黒か・・・どっちもだ

タクシー、パトカーなど働く車を中心に扱うブログです。

日野オートプラザ(ブルーリボンHIMR・内装その2)

スピードメーター
前回の続きです。

スピードメーターはタコグラフ一体型で、メーターの裏にタコチャート紙が装着可能です。
オドメーターは35万km台と、路線バスとして20年近く使用された割には少ないですが、1年のうち約半年しか運行されず、稼働日でも時期によっては本数が少ないため実走行と思われます。




降車表示器
メーターパネル横に設置された降車表示器です。
降車ランプが押されると点灯します。
FFシフト
トランスミッションはFFシフトの5速MTです。
1990年代当時、FFシフトのような電気・エア式のフィンガーシフトではなく昔ながらのロッドシフトで導入する事業者も多かったですが、HIMRについては奈良交通など通常車両をロッドで入れていた事業者もFFシフトで入っており、ロッドシフトの設定は無かったのかもしれません。
また、1990年代当時、プロシフトのご先祖様と言えるAMTのEEドライブが設定されていましたが、それを導入していた事業者でもHIMRはMT車での導入でした。
運賃箱
運賃箱はエスライトこと三陽電機製作所(現レシップ)製で、現金のみ対応で乗客向けに投入金を表示する7セグ表示器も無く、均一料金にもかかわらずお釣りも出ない必要最低限の仕様となっています。
サイドブレーキ
運転席シートベルトは2点式で、ワイヤー式のサイドブレーキレバーは車両が動かないよう厳重にロックされています。
バックモニター
クラリオン製ブラウン管バックモニターです。
旧ロゴで新車時からの装備と思われます。
系統設定器
運転席右側に設置された系統設定器と音声合成装置の送りボタンです。
集中スイッチ
照明、空調の集中スイッチです。
空調スイッチ
路線、送迎バスではエアミックス式のエアコンは装備されず、マニュアルヒーターとオートクーラーが別々に装備されるのが一般的です。
クーラーは旧日本電装(現デンソー)製です。
当車は冬季運休ですが、運行終了直前や開始直後など、寒い時期もあるので寒冷時にエンジンを温め暖房の効きを良くするプレヒーターが装備されています。
換気扇スイッチ
空調スイッチの隣には藤森電機製換気扇スイッチが装備されています。
スポンサーサイト



[ 2018/07/13 19:31 ] バス | コメント(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YXS10

Author:YXS10
働く車好き。

写真は個人で撮影しているものであり、各機関とは関係ありません。

基本的に車は見る、撮るのが趣味ですが、免許上は大型バイク以外の車は全て運転可能です。

当ブログはリンクフリーです。

記事は予約投稿する場合があり、投稿時刻と実際に記事を書いた時刻が同じとは限りません。

2011年までの記事はYahoo!ブログから移転したものです。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事(数)表示
全タイトルを表示