白か黒か・・・どっちもだ

タクシー、パトカーなど働く車を中心に扱うブログです。

警察博物館見学(白バイ展示)

VFR800P
リニューアルした警察博物館(ポリスミュージアム)に行ってきました。
パトカーの次は白バイです。

白バイは以前から展示されていますが、リニューアルに伴い、車両がFZ750PからVFR800Pに入れ替わりました。
黒色ミラーなので、同車の中では比較的古い部類ですが、掲載時点でまだまだ現役で活躍している車種です。
元九交機
サイドボックスに「9」と表記されているので、元第九方面交通機動隊所属と思われます。
書類入れ
後部に装備された書類入れです。
フタが平らなので書類の記入も可能です。
現役時代は無線機格納装置が装備されていたと思われますが、標準装備の書類入れはどこかでまとめて保管しているのでしょうか。
後部補助警光灯
後部補助警光灯です。
昇降機能付きですが、パトカーみたいに自動ではなく、必要に応じて手動で昇降させます。
ハザードスイッチ
ハザードスイッチと後部補助警光灯スイッチです。
ハザードはこの世代の市販車には無く、白バイ専用装備です。
(2002年にモデルチェンジした市販専用モデルで採用)
注意書き
注意書き
車体に表記された各種注意書きです。
右側スイッチ
ハンドル右側に装備されたスイッチです。
VFR750Pからの流用で、エンジンスタート、キルスイッチのほか、マイク、サイレン、警光灯など白バイ特有の機能が多いです。
また、グリップヒーターのスイッチも装備されていますが、温度調節はVFR800Pが無段階のダイヤル式なのに対し、CB1300Pに装備されているのはハイ/ローの2段階でボタン式となっています。

マイクスイッチの左隣にメクラ蓋がありますが、初期のVFR750Pに装備されていたヘッドライトスイッチの名残です。
1990年代頃の車両から日本のバイクはヘッドライトの常時点灯が義務付けられており、バッテリーを始動させた時点でライトが点灯するので白バイ関係無しに点灯スイッチがありません。
左側スイッチ
ハンドル左側にはウインカー、クラクション、ヘッドライトのロービーム/ハイビーム切り替えスイッチが装備されています。
現役車両で無線機が装備されていれば、無線機のスイッチも装備されます。
メーター
デジタルメーターです。
基本デザインはVFR750Pのご先祖にあたるCBX750Pから変わっておらず、オドメーターのみアナログとなっています。
メーター下部の、ウイングマークの入った蓋を開けるとストップメーターのプリンターが出てきます。
サイレン用スピーカー
スピーカー一体型警光灯はパトライト製ですが、左右でスピーカーの役割が異なります。
右側はサイレン用で、裏のつまみでサイレンの吹鳴周期を4秒、6秒、8秒から切り替え可能です。
マイク用スピーカー
左側はマイク用で、裏のつまみで音量調節が可能です。
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YXS10

Author:YXS10
働く車が好きな埼玉県民です。

写真は個人で撮影しているものであり、各機関とは関係ありません。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクも受け付けています。
警察車両がメインの場合はWHITE and BLACKでも受け付けます。

時間の都合上、一部を除き予約投稿とさせて頂きます。

2011年までの記事はYahoo!ブログから移転したものです。

画像検索経由で来られた場合、画像が表示されないことがありますがその場合はページを更新すると表示されるようになります。

過去の記事(跡地)
(ブログに記事移転済み)

白か黒か・・・どっちもだ(旧)
Yahoo!ブログ
2008~2011年

くるまにあっくす
Yahoo!ジオシティーズ
2006~2007年
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事(数)表示
全タイトルを表示